北海道教育大学釧路校、地域学校教育専攻を詳しく紹介する特設サイトです。

北海道教育大学釧路校メインサイト地域学校教育専攻ホーム教員ブログはこちら

教育基礎分野教育心理分野授業開発分野|特別支援教育分野

教員ブログ

教育心理演習1~6

れからの時代の教師は、教室の中だけで教育をするのではなく、子どもの発達環境の大部分を占める家庭や地域と連携しながら、トータルな発達保障を進めていくことが重要になります。一方教師の中には、学校と地域が結び付くことは、職務ではないと思っていたり、保護者や地域住民と交流する必要性はないと考える人もいます。そのような教師は態度が高飛車になり、結局保護者や地域住民の協力を得られず、子どもとの信頼関係も築けない教師が多いのも現実です。
のような状況だからこそ、地域住民と交流し、地域の力を活かす教師の姿勢やコーディネート力を培うことが重要になります。このような姿勢身につけるために、釧路校では地域に入って地域住民と交流したり、地域の行事や素材を教育活動に活かすカリキュラムづくりなどを進めています。
生は、教師の権威を持っていないために、地域住民と交流することによって地域住民の率直な声や教師の評価を聞くことができます。教師という権威を持たない学生だからこそ、人間として地域住民と交流することができます。「学校と地域の教育論」では、まず地域の人の声や教師に対する評価を率直に聞くことから始めます。
域住民の声の中には、「こんなひどい教師がいた」「もっと頼ってくれたら、子どもの教育活動に協力できるのに」などの声もしばしば聞かれます。こんな地域住民や保護者の本音や願いを聞くことを、この講義の主要な目的にしています。また会館などに泊まって、夜の交流会を設定して、語り合うことも大事な経験となります。

専攻科目一覧へ戻る

専攻科目一覧地域学校教育専攻 スタッフ紹介地域学校教育専攻からのメッセージ大学院・学校教育専攻